2020.07.16 14:37

四万十市で1人感染確認 大阪の女性と連絡取れず 新型コロナ

 高知県は16日、四万十市を訪問していた大阪府在住の30代女性の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。女性は県側が感染を通知した後、携帯電話に出なくなっており、県内にいるのかどうかも分かっていない。県は女性の友人などを通じて行方を捜している。
 
 県によると、女性は13日朝、JR大阪駅から高速バスに乗車し、昼前に高知駅で降車。JRを利用して同日夕方に四万十市に到着した。同日から咳(せき)や悪寒の症状があった。
 
 14日に37度台の発熱があったため四万十市内の医療機関を受診。PCR検査で15日午後に感染が判明した。県側から感染を通知し、入院に向けて調整している途中で女性が電話を切ったといい、その後は連絡が取れなくなった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ