2020.07.16 08:36

窪川高校スイーツ第2弾「お茶っパフェ」 あぐり窪川で7/18発売

窪川高校生が考案した「お茶っパフェ」
窪川高校生が考案した「お茶っパフェ」
 窪川高校(高知県高岡郡四万十町北琴平町)の2年生が、校内で栽培した茶葉を使ったスイーツの第2弾として、四万十町平串の道の駅「あぐり窪川」のパフェを考案した。18日に販売を始める。

 窪川高校地域リーダー養成コースの商業選択の13人。第1弾は6月から、四万十町琴平町の「和洋菓子 ひろみ堂」でシュークリームとクレープを販売している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高幡

ページトップへ