2020.07.16 08:37

県内公立高校の英語力が最下位 中学は全国39番目 文科省調査

 文部科学省は15日、全国の公立小中高生を対象にした2019年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。高知県内の中3生で「英検3級以上」の英語力がある割合は前年度比2・7ポイント増の36・6%(全国平均44・0%)で全国39番目、高3生で「英検準2級以上」は0・4ポイント増の33・2%(全国平均43・6%)で全国最下位だった。

 調査は2019年12月時点で実施。高知県中3で英検3級以上の検定スコアを取得していた生徒は全体の17・6%(全国平均25・1%)。さらに、学校の成績などを基に教員が「3級相当の力がある」と認めた生徒も19・0%(全国平均18・9%)いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育

ページトップへ