2020.07.16 08:33

栃煌山が引退 地元に驚き 安芸市の関係者「人柄は指導者向き」

地元の安芸市に里帰りして、園児と相撲を取って交流する栃煌山(2012年9月24日、同市の安芸保育所)
地元の安芸市に里帰りして、園児と相撲を取って交流する栃煌山(2012年9月24日、同市の安芸保育所)
 栃煌山(33)の引退が発表された15日、地元の高知県安芸市では「びっくり」「残念」と動揺が走ったが、「優しい人柄は指導者に向いている」と関係者は第二の人生へ期待を込めた。
 
 郷土後援会の山本諭会長(68)は数日前に栃煌山から電話で引退の意向を告げられたという。「いつになく暗い声で『辞めたいと思います』と。随分前から腰も悪かったようだし、体の張りも体重も落ちていた。新型コロナウイルスの影響で練習環境も厳しくなり、体が十分に戻らなかったんだろう」と気遣った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ安芸

ページトップへ