2020.07.14 14:35

高知市コロナ補正46億円 宿泊業最大2500万円給付

路線バス1台35万円、タクシー25万円
 高知市は14日、新型コロナウイルス対策を軸に編成した7月補正予算案を発表した。総額46億1800万円で、企業の事業継続に向けて、影響が深刻な宿泊事業者に最大2500万円を給付。交通事業者向けにも所有車両1台につき25万~35万円の給付金を設ける。ひとり親世帯や妊婦も支援する。予算案は17日に開く市議会臨時会に提出する。
 
 国の2次補正予算の成立に伴い、高知市には国の地方創生臨時交付金30億2千万円が配分される見通し。経済影響対策などを速やかに実行するため、7月補正で対応する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ