2020.07.13 14:35

高知FD選手がコロナ陽性 大阪帰省時に感染か 県内4月末以来

 高知県は13日、高知ファイティングドッグス(FD)の選手で、高知県中央西福祉保健所管内に住む20代男性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認された、と発表した。大阪府に帰省した際に感染したとみられる。高知FDは7月末までの全試合を中止する。県内で感染が確認されたのは4月28日以来で、75人目。

 高知県と高知FDによると、選手は高岡郡佐川町内で1人暮らし。7月9日から微熱があり、11日の練習中に鼻づまりや倦怠(けんたい)感などの症状が出たため、高知県中央西福祉保健所管内の医療機関を受診。検体を採取し、翌12日にPCR検査で陽性が確認された。同日午後、高知医療センターに入院した。軽症という。

 選手は5日、徳島市で行われた四国アイランドリーグplusの試合後、親族の見舞いのため自家用車で大阪府に帰省。同日夜、東大阪市内のスポーツバーで知人2人と3時間ほど会食した。翌6日の見舞いの後、自家用車で高知に戻った。7~11日は高岡郡越知町の越知町民会館のほか、高知市の高知球場と東部球場の室内練習場で行われたチーム練習に参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ