2020.07.12 08:35

高知城懐徳館の模型完成 佐川町の栗田さん、細部まで精巧に

栗田真二さん=奥=が制作した精巧な高知城懐徳館の模型(佐川町の佐川地場産センター)
栗田真二さん=奥=が制作した精巧な高知城懐徳館の模型(佐川町の佐川地場産センター)
 歴史的な建造物の模型作りを長年続ける高岡郡佐川町本郷耕の栗田真二さん(70)がこのほど、高知城懐徳館(本丸御殿)の模型を制作した。内部の細かい装飾までこだわった力作で、同町甲の佐川地場産センターで展示している。

 栗田さんは2007年ごろから、同町の旧青山文庫や牧野富太郎生家、安芸郡田野町の岡御殿など約30の模型を制作。地場産センターにはこれまでの作品がずらりと並び、観光客の目を楽しませている。

 栗田さんは10年ほど前に高知城天守閣の模型を作り、高知龍馬空港に展示されている。懐徳館は、城の図面や自身が撮影した写真を参考に8カ月かけて仕上げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高吾北

ページトップへ