2020.07.06 08:30

高知新聞住宅総合展示場 LIMリニューアルオープン

リニューアルオープンした「LIM」
リニューアルオープンした「LIM」
多彩な9棟が家づくりを提案(写真はいずれも高知市高須1丁目)
多彩な9棟が家づくりを提案(写真はいずれも高知市高須1丁目)
多彩な9社9棟 家づくりのヒントに
 高知新聞社が運営する南国バイパス沿いの「高知新聞住宅総合展示場 LIM(ライム)」(高知市高須1丁目)が、リニューアルオープンしました。新築はもちろん、リフォームや家づくりのヒントなど、住まいに関する総合的な情報の発信基地の役割も果たします。住まいづくりを考えるヒントがたくさん詰まった新ライムに、ぜひお越しください。
 
■個性豊かに提案
 ライムは「Life Museum(ライフ・ミュージアム)」を略した造語。「モデルハウスを通し、県民に生活提案をする住まいの博物館になれば」との思いを込めています。
 
 リニューアルのコンセプトは「暮らしをデザインする家づくり」。
 
 安全性、快適性、便利さ、省エネルギー、家族とのつながり、ライフスタイルの実現など、住宅に求めるものは十人十色です。新ライムには、住まいづくりの参考になるモデルハウス9棟が多彩に並んでいます。
 
 出展メーカー・モデルハウスは、ミサワホーム四国「GENIUS蔵のある家」▽住友林業「The Forest BF」▽セキスイハイム東四国「GRAND TO YOU」▽積水ハウス「IS ROY+E」▽桧家住宅「Smart One」▽和建設「SHINKAの家」▽ウッドホーム「禮(れい)」▽大和ハウス工業「xevoΣ PREMIUM」▽アットハウジング「夢空間 プレシャスファイン」
 
 どのモデルハウスも最新の機能や設備を備えており、納得の家づくりを個性豊かに提案します。
 
■ウェブで見学予約
 モデルハウスはご自由に見学できます。全体概要を知りたい場合は、まず会場中心に立つ「総合案内」にお越しください。
 
 総合案内には全モデルハウスの紹介や出展メーカーの独自イベント情報のほか、高知新聞社が実施しているイベントやセミナー情報などを知ることができます。住宅やインテリアの専門誌を貸し出す「住まいの図書館」コーナーも用意。希望者には、本の貸し出しも行っておりますので、スタッフに気軽に声掛けください。
 
 総合案内棟には、四国電力による「電化住宅コーナー」も常設。最新のIH機器を体験することも可能ですし、エコキュートも展示しています。来場者プレゼントとして、ライムのオリジナルふせんや、エコバッグもプレゼントしています。
 
 ライムのウェブサイトでは、モデルハウスの紹介だけでなく、各モデルハウスの資料請求や見学予約もできます。事前に予約いただければ、スムーズな案内も可能になります。
 
 各種相談会やイベントの案内なども随時掲載しますので、ぜひご覧ください。
 
■7/18からフェア
 リニューアル記念のフェアを、18日(土)~26日(日)に開催します。
 特に23日(木・祝)~26日(日)には、屋外スペースでお子さまが楽しめる夏祭りの縁日ブースが登場。高岡郡四万十町在住の大道芸人、松葉川健一さんも来場してパフォーマンスを披露します。来場者には、ジャグリング体験やアートバルーンをプレゼントします。
 
 金融機関、税理士、ファイナンシャルプランナーなどによる各種相談会なども日替わりで開きます。
 
 詳しくは、18日付高知新聞朝刊の別刷り「ライム特集」をご覧ください。ウェブサイトフェイスブックインスタグラムでも随時情報発信しています。(営業局)
 
▽住所=高知市高須1の15の29 南国バイパス沿い
▽営業時間=午前10時~午後5時
▽定休日=毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は営業)
▽電話番号=088・884・9350(総合案内)

カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ