2020.07.06 08:30

高知新聞Plus 月間アクセスランキング(2020年6月30日時点)

(1)南米帰り高知県出身者が新型コロナ感染 医療センター入院
(2)施設職員が通所少女に乱暴 高知署が準強制性交容疑で32歳男逮捕
(3)渡部建さんの「食動画」非公開に 女性問題 高知県「まさか…」
(4)全国一斉サプライズ花火 6月初旬 県内もどこかで
 全国の花火業者が協力し、6月初旬の同日同時刻に一斉に花火を打ち上げるイベントを計画している。新型コロナウイルスの影響で今夏は各地で多くの花火大会が中止となるため、「全国の人に元気を届けたい」との思いを込める。感染防止の観点から日時と場所は非公表。主催者は「日常に戻れるようにみんなで祈ろう」と呼び掛けている。

(5)高知市独自の給付金申請 きょうから受け付け
(6)高知市の72歳男性が6/8から行方不明 香南市に車
(7)事故で重体の82歳女性死亡 高知市
(8)お城下宿泊5000円引き 高知市観光協会がキャンペーン
(9)路上で男性殴る 容疑の男逮捕 高知署
(10)バスにはねられ女性けが 一時重体 県庁前交差点横断中 高知市

高評価受ける動画も
 新型コロナウイルス関連の記事が減り、他のニュースも多く入った6月のランキング。とはいえ、1位はコロナ関連ですし、県内の状況も感染拡大防止へまだまだ油断はできません。引き続き、高知新聞Plusでも関連情報を通じて警鐘を鳴らしていきます。

 ランキングで目を引いたのは4位「全国一斉サプライズ花火 6月初旬 県内もどこかで」。全国の若手花火業者が発案し、花火の起源は悪疫退散の祈願とする説があることから、新型コロナで影響が出ている社会を元気づけようと、さまざまな場所で花火を打ち上げたものです。

 「日時場所は非公表」というのも話題となり、多くの関心を集めたようです。花火は6月1日午後8時、県内では安芸市で上がり、コロナ収束の願いを込め75発が夜空を彩りました。

 会員制交流サイト(SNS)では「(場所の)予想は外れたけど見たかった」などの声が上がり、地元から動画をアップする人もいました。

 高知新聞Plusでも写真と動画を掲載。ランキングには入らなかったものの、動画は1600回以上再生され、閲覧者からは高評価も得ました。

 高知新聞Plusでは6月、計11本の動画を掲載しました。高岡郡四万十町に県内で初めてできたアトラクション「ジップライン」や、JR四国の「新アンパンマン列車」の動画などは再生回数が2千回前後と人気に。

 まだまだ動画の数は少ないですが、記事とは違う角度から現場の様子をお伝えすることで、より理解が深まることを狙っています。

 また、先月もこの欄で触れましたように、米軍機の低空飛行が県内で相次いでいます。そんな中、6月4日に公開した「四万十市西土佐で米軍機が低空飛行」の動画は、取材中の記者が偶然目撃し、現場に居合わせた人が撮影した映像を提供していただいたもの。わずか数十秒ですが、手が届きそうな低空を飛ぶ米軍機の姿がはっきりと映り、反響を呼びました。

カテゴリー: 社会

ページトップへ