2020.07.06 08:37

ホビー館「エヴァ展」PR ライブや町歩き 四万十町

ARスタンプラリー参加者のカメラに向かいポーズを取る「01」の(左から)NANAさんとKIARAさん=四万十町茂串町の岩本寺
ARスタンプラリー参加者のカメラに向かいポーズを取る「01」の(左から)NANAさんとKIARAさん=四万十町茂串町の岩本寺

 高岡郡四万十町打井川の海洋堂ホビー館四万十で開催中の「シン・エヴァンゲリオンフィギュア展」と同町の連動企画「シマント補完計画」をPRするイベントが5日、町内で開かれた。「パワーアップ大作戦」と銘打って、ガールズユニット「01(ラブワン)」の2人がライブなどで盛り上げた。

 両企画は9月28日までの予定で3月7日に始まったが、新型コロナウイルスの影響で4月11日から5月31日までホビー館が休館。6月28日の予定だった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開も延期されている。

 2人は、観光施設の案内看板などをスマートフォンで撮影して遊ぶ「ARスタンプラリー」にエヴァ風の衣装で同行。「初号機」フィギュアのある同町役場ロビーを出発し、四国霊場37番札所岩本寺や古民家カフェ「半平」などを歩いて回った。

 ホビー館の屋外ステージではミニライブも。エヴァの主題歌「残酷な天使のテーゼ」など5曲を歌った。

 メンバーで高知市出身のNANAさんは「ホビー館や四万十町にしかないものがたくさんある。わざわざ来ていただきたい」と呼び掛けていた。(井上太郎)

関連記事

もっと見る

ページトップへ