2020.07.04 17:06

ジャンボタニシで「稲ごっそり消えた」 高知県内、暖冬で発生面積2倍

ジャンボタニシの被害で苗がまばらになった水田(写真はいずれも高知市高須砂地)
田んぼ全滅も
 稲の苗に食害をもたらす通称ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)が近年、高知県内で増加している。暖冬続きが旺盛な繁殖力に拍車をかけているとみられ、2018年以降、発生面積は平年の約2倍の状態が続く。有効な対策もなく、農家は「駆除には手間もお金もかかる。米価は安いのにやってられん」と頭を抱えている。

 5月下旬。水田が一面に広がる高知市高須砂地地区では、途中で田植えをやめたかのような田んぼがちらほら。これらはジャンボタニシの食害で、連休明けから被害が拡大したという。

 田植え後間もないある夜、「田んぼを見回ったら、苗をガジガジかじる音がした」と地元の坂本和幸さん(64)。翌朝、苗が「ごっそり消えていた」。全滅した田んぼもあったという。

苗に産み付けられたピンクの卵塊
 高知市高須砂地地区では、あぜのコンクリートに産み付けられた濃いピンクの卵塊や成体を駆除。被害範囲を広げないようにと、ジャンボタニシの移動を抑えるために田の水を浅くしたり、薬剤をまいたりするが、繁殖スピードに追いつかない状態で「手間がかかるばかりで涙が出る」と嘆く。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会

ページトップへ