2020.07.04 08:35

新特別支援校は高知市に、「江の口」跡地活用 県教委が22年度開校方針

 高知県教委は、新たに整備する知的障害特別支援学校の候補地を、来春に高知市大原町に移転する高知江の口特別支援学校(同市新本町2丁目)の跡地とし、2022年度に開校する方針を示した。3日の県議会総務委員会で報告した。

 県内では特別支援学校に通う子どもが増えたため、各校が手狭になっている。有識者らの検討委員会は昨年末、既存校の活用も含め「県中央部への整備が必要」と提言した。

 県教委は、県中央部の自治体などが推薦した4候補地で検討してきた。その結果、「江の口」は候補の中で唯一の特別支援学校であり、改修費用を抑えられ、開校も早くなると判断したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ