2020.07.02 08:32

被爆75年 高知市の自由民権館で「戦争と平和を考える資料展」

「戦争と平和を考える資料展」に来場した高校生(高知市の自由民権記念館)
「戦争と平和を考える資料展」に来場した高校生(高知市の自由民権記念館)
「核兵器の恐ろしさ感じて」
 戦争の悲惨さを訴える「戦争と平和を考える資料展」が7月1日、高知市桟橋通4丁目の高知市立自由民権記念館で始まった。今回は「被爆75年 核兵器のない世界へ」をテーマに、広島市の高校生が描いた被爆時の光景や、高知大空襲で被災した高知市中心部の写真など約190点が展示されている。7日まで(6日は休館)。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ