2020.07.01 08:22

仁淀ブルー観光協議会のシンボルマーク「に」 ポスター・グッズに

発表された仁淀ブルー観光協議会のシンボルマーク(土佐市の土佐合同庁舎)
発表された仁淀ブルー観光協議会のシンボルマーク(土佐市の土佐合同庁舎)
 高知県の仁淀川流域6市町村などで構成する仁淀ブルー観光協議会のシンボルマークが、東京都世田谷区の音楽家、マエソワヒロユキさん(48)の作品に決定した。

 魅力発信や知名度向上などを目的に仁淀ブルー観光協議会が公募し、31都道府県とスイスから205点(うち県内40点)が寄せられた。マエソワさんの作品は仁淀川の「に」が基調。6市町村を示す6本の曲線で川や棚田を、水玉で鳥や魚などをイメージし、「に」を表現した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会

ページトップへ