2020.06.30 14:40

高知県中部、猛烈な雨 繁藤で1時間81ミリ

雨の中、道を急ぐ通行人ら。高知市では1時間70・5ミリの雨を観測した(30日午前10時ごろ、同市本町5丁目=森本敦士撮影)
雨の中、道を急ぐ通行人ら。高知市では1時間70・5ミリの雨を観測した(30日午前10時ごろ、同市本町5丁目=森本敦士撮影)

 高知県内は30日朝、低気圧から延びた前線が西日本を通過した影響で、県中部を中心に大雨となった。香美市繁藤では午前7時50分ごろまでの1時間に81・5ミリの猛烈な雨を観測。県によると、けが人や家屋の浸水被害は確認されていない。

 同日朝から県中部に発達した雨雲が入り込み、高知市では午前7時40分ごろまでの1時間に70・5ミリの非常に激しい雨が降った。繁藤では午前9時40分までの3時間雨量が6月の観測史上最多となる169・5ミリを記録した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要環境・科学

ページトップへ