2020.06.30 08:39

高知県議の平均所得1113万円、前年比16万円減 昨年29人分

 高知県議会は30日付で、県議の資産公開条例に基づき、昨年1年間の議員所得報告書を公開した。対象議員は2019年4月の改選で当選した新人や元職8人を除く29人。平均所得は1113万円(1万円未満切り捨て、以下同じ)で前年比16万円減。報酬を得て役員などに就いている関連会社や団体名、昨年の資産の補充報告書も同時に公開した。県議会棟3階図書室で閲覧できる。

 総所得は給与、事業、不動産などの合計。正副議長を除く議員報酬と期末手当の給与所得は1055万円で、前年より8万円増えた。県職員らへの支給状況を考慮し、2019年度の期末手当の支給月数を0・05カ月分引き上げたため。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済

ページトップへ