2020.06.30 08:40

キャッシュレス還元終了...高知県内は決済浸透 加盟店倍増6484店

ポイント還元が6月末で終了することをポスターで知らせるホームセンター(高知市内)
ポイント還元が6月末で終了することをポスターで知らせるホームセンター(高知市内)

 消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度が、6月30日に終了する。経済産業省によると、還元を受けられる高知県内の登録加盟店は、昨年10月1日の制度スタート時点の3005店から、2倍以上の6484店(6月11日時点)に増えた。“登録率”は全国平均を下回るものの、キャッシュレスは一定浸透してきたとみられる。

 キャッシュレス決済は、クレジットカードや電子マネー、スマートフォンを使ったQRコード決済など複数の種類がある。政府は、増税後の消費の落ち込みを防ぐことなどを目的に、ポイント還元を9カ月間実施。加盟店では代金の5%分(大手フランチャイズチェーンやガソリンスタンドは2%)の還元を受けられ、ポイントの原資は国が負担する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済

ページトップへ