2020.06.30 08:40

岩間沈下橋の新Tシャツ発売 西土佐商工会青年部 復旧支援第3弾

岩間沈下橋の復旧を願って作られたチャリティーTシャツ(四万十市西土佐岩間)
岩間沈下橋の復旧を願って作られたチャリティーTシャツ(四万十市西土佐岩間)
 2017年から通行止めとなっている高知県四万十市の岩間沈下橋(西土佐岩間)の早期復旧に役立ててもらおうと、地元の西土佐商工会青年部がチャリティー企画第3弾となるTシャツを製作した。7月1日から販売する。

 岩間沈下橋は2017年11月、橋脚の腐食が原因で路面がV字に折れ曲がった。2020年2月に工事が完了したが、別の橋脚にも損傷が見つかり、今も通行止めが続いている。

 西土佐商工会青年部は2018年、欠けた橋桁の間を人間やイノシシ、シカなどが跳び越えるデザインのTシャツを販売し、四万十市に50万円を寄付。2019年には同デザインのタオルも製作した。

 今回は、つながった沈下橋の上を「もう跳ばんちえいやん」と、喜びながら歩く人間やウサギなどをデザイン。西土佐商工会青年部の中脇夢之進さん(34)は「生活道として、観光の要として、一日も早い復旧を願っている」と話していた。

 Tシャツは黒、青、緑、赤の4色でサイズはS、M、L。1枚2千円(税込み)で500円を寄付に充てる。西土佐商工会や道の駅「よって西土佐」で販売。黒のみインターネットでも販売する。問い合わせは西土佐商工会(0880・52・1276)へ。(平野愛弓)

カテゴリー: 主要社会幡多

ページトップへ