2020.06.29 08:35

高知市民劇場7月例会へ 4カ月ぶり公演 会員急減に歯止めを

7月例会や、8月に延期になった5月例会の公演ポスターが並ぶ高知市民劇場の事務局(同市相生町)
7月例会や、8月に延期になった5月例会の公演ポスターが並ぶ高知市民劇場の事務局(同市相生町)
観劇の情熱はコロナに負けず 
 1993年に約9千人を擁し、全国一を誇った演劇鑑賞団体「高知市民劇場」の会員数が、高齢化などで右肩下がりの減少を続け、現在は約1110人まで落ち込んでいる。3月以降は、新型コロナウイルスの影響が追い打ちを掛け、例年同時期の倍近い退会者が出る苦しい状況。演劇の灯を絶やしてはならないという思いで、約4カ月ぶりの例会として劇団文学座の公演を7月8、9日に高知市で行う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ