2020.06.29 08:36

高知空港2022年の拡張見送り コロナで航空需要減

 高知龍馬空港に国際線ターミナルを整備する拡張計画に関し、高知県は28日までに、目標としていた2022年夏の利用開始を断念する方針を固めた。新型コロナウイルス感染症による世界的な航空需要の低迷などを踏まえた。今後の整備の在り方は状況を見ながら改めて検討する。
 
 高知空港は国際線に必要な施設がなく、官民でつくる「成長戦略検討会議」(会長=岩城孝章副知事)が国際化に対応した施設整備を検討。今年2月、事業費28億5千万円で国際線ターミナルを整備し、2022年夏の利用開始を目指すという基本構想をまとめた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ