2020.06.27 08:35

開業医8割 減収続く 高知保険医協 宣言解除後も

 高知保険医協会(広田重水会長)が、県内の開業医に新型コロナウイルスの影響を聞く2回目のアンケートを行ったところ、緊急事態宣言の解除後も患者数が少ない状態が続き、約8割の医療機関で収入が減っていることが分かった。同協会は「経営への影響が深刻になりつつある」と危機感を示している。

 アンケートは6~15日、開業医713人を対象にファクスと郵送で行った。148人(医科108人、歯科40人)から回答を得た(回答率20・8%)。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ