2020.06.26 08:00

小社会 キビナゴ異変

 今が旬のキビナゴは、刺し身に塩焼き、天ぷらと食べ方はいろいろある。四万十市出身の漫画家、安倍夜郎さんの一押しはフライ。はらわたも何も取らずに、そのままパン粉をつけて揚げる。
 
 揚げたそばから、アツアツのうちに食べる。サクッとした歯応え。冷えたビールで流し込む。レモンを搾っても、マヨネーズとケチャップを混ぜてつけてもいい。コツはただ一つ。新鮮なキビナゴを用意すること。
 
 以前、自身の人気漫画「深夜食堂」で描いたところ、すくも湾漁協からキビナゴが2箱、クール便で編集部宛てに届いた。東京では珍しいこともあって、随分喜ばれたとエッセーに書いている(「酒の友 めしの友」)。
 
 その宿毛湾のキビナゴが記録的不漁に見舞われている。4月以降はほぼゼロで、すくも湾漁協による全国発送もできていないと高知新聞にあった。ピークの1980年代には年間3千トンを超えていたのが、昨年は234トンというから深刻だ。
 
 回遊が遅れているだけなのか。何か構造的な要因があるのか。2019年は漁業・養殖業の国内生産量も416万トンで最低。サンマやサケ、サバ類の減少が目立つ。乱獲や環境の変化が影響しているという。「海の異変」が身近になって久しい。
 
 昔、キビナゴ漁は月夜の晩に行われたという。月の光を追って群れが浜に近づき、ピシャッピシャッと跳ねる。月に照らされ銀色に輝く魚影の群れ。今も大海原のどこかにきっといる。
 
 
6月26日のこよみ。
旧暦の5月6日に当たります。 かのえ ね 六白 仏滅。
日の出は4時58分、日の入りは19時20分。
月の出は9時43分、月の入りは23時17分、月齢は4.8です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で3時11分、潮位98センチと、15時36分、潮位29センチです。
満潮は8時45分、潮位169センチと、22時24分、潮位171センチです。
 
6月27日のこよみ。
旧暦の5月7日に当たります。かのと うし 五黄 大安。
日の出は4時58分、日の入りは19時20分。
月の出は10時49分、月の入りは23時52分、月齢は5.8です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時11分、潮位96センチと、16時28分、潮位43センチです。
満潮は9時46分、潮位160センチと、23時14分、潮位168センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ