2020.06.25 08:34

高知大「3密回避」退寮11人 改装・職員宿舎で不足分確保

 高知大学が新型コロナウイルス対策として学生自治寮「南溟寮」などの退寮希望者を募っていた問題で、男女11人が退寮することになった。残る寮生が相部屋になるのを避けるため、大学が寮を改装して部屋数を増やしたり、大学近くの職員宿舎の空室を活用したりして対応するという。

 学生が暮らす寮の一部が相部屋で「3密」に当たるとして、「1人1部屋」となるよう4月に大学が寮生を指導。退寮すれば8万円を給付するとの条件で大学が退寮者を募集していた。

 こうした大学側の動きに対し、「納得できない」「8万円では暮らせない」と反発する声が上がった。このため大学は、予定通り退寮者は募る一方で、別の対策も模索していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ