2020.06.25 08:34

高知県内「輪抜けさま」今年は数日間実施 参拝者分散で感染防止 高知八幡宮7/7まで

例年より1週間ほど早く設置された茅の輪(24日午前、高知市の高知八幡宮)
例年より1週間ほど早く設置された茅の輪(24日午前、高知市の高知八幡宮)

 県内で毎年6月30日に行われる「輪抜けさま」を、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため何日間か期間を設けて行う神社がある。高知市はりまや町3丁目の高知八幡宮もその一つで、24日、例年より1週間ほど早く茅の輪がお目見えした。

 「輪抜けさま」は半年分のけがれを落とし、1年の後半を迎える行事。1日だけの行事ではなく期間を設定するのは、コロナ対策で参拝者を分散させたい狙いがある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ