2020.06.23 08:29

虚ろな税 関係者インタビュー(上)ふるさと納税 揺れる制度と地方

多額の寄付を集めた奈半利町。野菜などを詰めた返礼品が全国の寄付者に発送されていた(2018年6月、奈半利町乙)

 ふるさと納税を積極活用し、計117億円もの寄付額を集めた高知県安芸郡奈半利町。都市と地方の格差是正をうたった制度が「返礼品のネット通販」に変質する中、奈半利町職員による巨額収賄事件が起きた。

 この制度と事件について、高知新聞は町の当事者のほか、全国でふるさと納税に関わる人、地方自治や税法の有識者らに話を聞いた。2回にわたり紹介する。

 初回は、ふるさと納税を推進した前奈半利町長▽仲介サイト創設者▽「過度の返礼品」を扱ったとして制度から除外され、国と係争中の大阪府泉佐野市長―の3人、そして事件の主犯として逮捕された奈半利町の元地方創生課長補佐。(高知新聞取材班)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ