2020.06.23 08:45

【動画】新アンパンマン列車お披露目「四国観光の旗頭に」 7/18から運行



笑顔と輝きを表現する赤と黄色を基調とした新アンパンマン列車の外観(写真はいずれも22日午後、香川県多度津町のJR四国多度津工場)
笑顔と輝きを表現する赤と黄色を基調とした新アンパンマン列車の外観(写真はいずれも22日午後、香川県多度津町のJR四国多度津工場)
 JR四国が、土讃線の岡山―高知間を結ぶ特急に投入する新たなアンパンマン列車が22日、香川県多度津町の同社多度津工場でお披露目された。笑顔と輝きをテーマとした赤と黄色の2種類の車体には、おなじみのキャラクターの笑顔がずらり並び、子どもたちの人気を集めそうだ。運行開始は7月18日から。

キャラクターに見立てた座席。アンパンマンや仲間たちとともに旅をする感覚を楽しめる
キャラクターに見立てた座席。アンパンマンや仲間たちとともに旅をする感覚を楽しめる
 2000年に土讃線で運行を始めた「アンパンマン列車」の20周年を記念し、現在の列車からバトンタッチする。新列車は、土讃線で昨年導入された新型ディーゼル特急「2700系」を改造した。

 2編成6両(土日祝日は2編成8両)で、外観や天井などに多数のキャラクターの絵を描いて、アンパンマンの世界観をふんだんに取り入れた。1号車には座席自体をキャラに見立ててデザインした「アンパンマンシート」を導入。アンパンマンと仲間たちに抱かれ、一緒に旅をする感覚を楽しめるという。

 同社の半井真司社長は「アンパンマン列車はわが社の看板列車。四国の観光復興の旗頭として、誘客の主力として走らせ続けたい」とアピールしている。

 同社は7月18日午前11時55分から、JR高知駅で出発式を行う。(井上学)

運行中の列車でラストランツアー 8月29日
 JR四国は、アンパンマン列車の代替わりに当たり、土讃線をいま運行中の「アンパンマン列車」のラストランツアーを8月29日に開催する。

 現行車両はディーゼル特急2000系ベースで、2000年から運行。ツアーでは、運行を終えたアンパンマン列車を貸し切り、多度津―阿波池田間を走行する。イラストを描いた「アンパンマンシート」には着ぐるみのアンパンマンが待機し、記念撮影をすることができる。

 多度津発と阿波池田発の2コースがあり、それぞれ定員60人(先着順)。料金は大人9900円、3歳~小学6年5千円。23日からネットで先行販売する。問い合わせは、旅の予約センター(087・825・1662)へ。

カテゴリー: 主要政治・経済

ページトップへ