2020.06.20 08:38

県立校コロナ対策1.9億円 消毒液や換気機器購入 高知県補正予算

廊下に置かれた消毒用のアルコールを手に吹きかける生徒。1日で1リットル以上使う学校もあるという(高知市追手筋2丁目の追手前高校)
廊下に置かれた消毒用のアルコールを手に吹きかける生徒。1日で1リットル以上使う学校もあるという(高知市追手筋2丁目の追手前高校)
 高知県が19日発表した2020年度一般会計補正予算案に、県立学校の新型コロナウイルス対策費として1億9千万円が盛り込まれた。消毒液やマスク、教室の換気用として使うサーキュレーターなどを各校に配備する。
 
 感染防止に必要な物品や、家庭学習に用いる教材などを各校の裁量で購入できるよう補助金を出す国の事業を活用。国公私立の全ての小中高校と特別支援学校に最大300万円を上限に支給する。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ