2020.06.19 08:34

虚ろな税 奈半利事件の実相(11)捜査 ブツに語らせろ

 「ふるさと納税」で全国有数の寄付金を得ていた高知県奈半利(なはり)町の職員と親族、返礼品業者が贈収賄容疑で次々と逮捕された。海辺の町でいったい何が起きていたのか。この制度はなぜ生まれ、できた制度は何を生んでいるのか。高知新聞の報道部と地元支局が事件の実相を追う連載「虚(うつ)ろな税(ちから)」は、高知新聞Plusで全文読むことができます。

柏木雄太の両親宅に捜索に入る捜査員 (5月25日、奈半利町乙)
柏木雄太の両親宅に捜索に入る捜査員 (5月25日、奈半利町乙)
 2019年8月。高知県警は9カ月間に及ぶ内偵を経て、ついに奈半利町職員、柏木雄太らの事情聴取に乗りだした。捜査は「ブツ(物証)」との勝負になった。

 □■ 

 「なんなんだ、この金は?」。捜査員は、柏木の兄名義の銀行口座を目にして色めき立った。2016年ごろから、複数の返礼品業者からの入金があり、柏木の叔父夫婦が高知市で営む精肉店からは約1億2千万円が振り込まれていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ