2020.06.18 08:37

高知FD新社長に武政重和氏 6年ぶり復帰 高知Uと兼任

「地道に泥くさくやっていく」と話す武政重和新社長(高知新聞社=久保俊典撮影)
「地道に泥くさくやっていく」と話す武政重和新社長(高知新聞社=久保俊典撮影)
 高知ファイティングドッグス(FD)は17日、新社長にサッカー高知ユナイテッドSC(高知U)社長の武政重和氏(46)が就任した、と発表した。2014年まで高知FDの社長を務めており、6年ぶりの復帰となる。武政氏は高知FDと高知Uの社長を兼務する。
 
 幡多郡黒潮町出身。2007年11月から7年間、高知FDの社長を務め、2009年にはチーム初の独立リーグ日本一を果たした。退任後は2016年4月から高知Uの社長に就いている。
 
 2019年3月から高知FDの社長を務めていた山本裕司氏は今年2月に退任。その後は、球団を運営する「高知犬」の親会社である明神水産の森下幸次代表取締役が一時的に社長を務めていた。
 
 武政新社長は高知Uとの兼務について「多忙になるだろうが、思考の持って行き方は変わらない。社長を兼ねることでお互いにできることが増えるかもしれない」とした上で、球団の黒字化▽NPB(日本野球機構)などトップリーグへの選手の輩出▽日本一―の三つを目標に掲げている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ高知中央

ページトップへ