2020.06.18 08:15

はっぴぃ魚ッチ 48歳、磯釣り「再」デビュー(5)憧れの磯に興奮、そして昏睡

絶景の松尾の磯にて、昏睡。奥にもう1人
絶景の松尾の磯にて、昏睡。奥にもう1人
 磯釣り再デビューして最初のころは、住んでいる高知市から近い須崎や宇佐で場数を踏んだ。何度か釣行を重ね、自力で行程を終える自信が付いたら、やはり遠出もしたくなる。

 何しろ高知県の沿岸、特に西の方は沖磯の釣り場だらけ。どの釣り場も個性があり、景色が違い、初めて訪れるときはどんな釣りができるだろう、とわくわくする。

 あるとき、会社の同僚〈博〉が声を掛けてきた。「松尾、行かんかえ」

 松尾、と言えば足摺岬のやや西にあり、なんと言っても「沖ウス(沖のウスバエ)」で全国的に有名な磯群だ。初心者がそんなところ行って大丈夫なのだろうか。

 〈博〉は昔近くで仕事をしていた際、松尾や伊佐に足しげく通ったという。「わしが今回行きたい磯やったら絶対釣れるけん」。元常連に、しかも幡多弁で言われたら、気分はもう爆釣だ(幡多弁の人、磯釣りうまい説)。その磯は?「カシラゴ、いうがやけんどね」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ高知の釣りスポーツ

ページトップへ