2020.06.12 08:35

ろう人形の龍馬がしゃべる 香南市のアクトランド AR展示導入

ろう人形の龍馬がしゃべる演出が見られるARを利用した展示(香南市のアクトランド)
ろう人形の龍馬がしゃべる演出が見られるARを利用した展示(香南市のアクトランド)
 高知県香南市野市町大谷の創造広場「アクトランド」が、ろう人形で坂本龍馬の生涯を紹介する展示に拡張現実(AR)を取り入れている。専用アプリをダウンロードしてスマートフォンをろう人形にかざすと、人形がしゃべる動画が見られる。ARプロジェクト第一弾「AR龍馬劇場」は7月5日まで。

 アクトランド内の龍馬歴史館では、刀などの史料展示のほか、土佐勤王党結成や寺田屋事件など27場面をろう人形で再現展示。「ろう人形の展示を幅広い世代に楽しんでもらおう」と今年からARのコンテンツ開発を進めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ