2020.06.12 08:40

オンラインで「高知の大おきゃく」 6/21吉田類さんも登場

地産外商公社が企画
 酒場詩人の吉田類さん=高知県吾川郡仁淀川町出身=や、食通向け雑誌の編集長らと土佐酒を味わうイベント「オンラインで乾杯! 『高知の大おきゃく』」が6月21日開かれる。企画した高知県地産外商公社は「300人規模の参加を想定し、高知県からの生中継も予定している。皆で楽しく高知の酒文化を味わってほしい」と呼び掛けている。

 食雑誌「dancyu」の読者向けイベント「dancyu食いしん坊倶楽部(くらぶ)祭2020」の一環。

 dancyuの植野広生編集長が昨年11月、「土佐のおきゃくPR大使」に就任し、今年の「土佐のおきゃく」に参加予定だった。しかし、新型コロナウイルスで中止になり、「会えなくても土佐の肴(さかな)と酒を味わえば心は通う」と、高知県地産外商公社とともに企画した。

 大おきゃくは、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で午後4時に開宴し、午後6時まで。植野編集長が高知県の酒と食文化の魅力などを語る。吉田類さんはビデオ出演、浜田省司知事も参加する。参加者には、事前に土佐酒(4合瓶1本とおつまみセット、べく杯付き)が送られる。

 参加費4千円。参加にはdancyu食いしん坊倶楽部の会員登録(無料)が必要で、dancyu食いしん坊倶楽部のサイトから申し込みできる。締め切りは15日。(安岡仁司)

カテゴリー: 主要社会祭事・イベント高知中央

ページトップへ