2020.06.11 08:34

【動画】ユリ1.2万本 中旬に見頃 四万十市の沿道鮮やか


山里を鮮やかに彩るユリ(四万十市西土佐薮ケ市)
山里を鮮やかに彩るユリ(四万十市西土佐薮ケ市)
 高知県四万十市西土佐薮ケ市の県道沿いで、地域住民が育てたユリ約1万2千本が花開いている。山々や水田の緑に囲まれた風景を、白やピンク、オレンジの花弁がにぎやかに飾っており、見頃は15~20日という。
 
 集落に一歩入ると、ユリの香りにふんわりと包まれる。住民でつくる「薮ケ市里づくり委員会」が「山里の細い道でも、通るたびに明るい気持ちになるように」と、1999年から植え始めた。約20人が毎年、草刈りなどの手入れに汗を流し、冬に球根を約2千個ずつ植え付けている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学幡多

ページトップへ