2020.06.12 15:58

ぺらっと【Web限定記事】ブラインドブックは、ここがポイント

 
 Perattoでしょうかいした、城北中・文化図書委員会が取り組む「ブラインドブック」を、もう少し説明します。ポイントは二つ。

 一つは「包むふくろ」。城北中では「おしゃれに見せるため」に英字新聞や、茶色い模造紙を使っていました。
もう一つ…これが大切なんですが、ふくろに付けてある「アピール文」。
「雨の日 葉っぱの上で見つけてね」…クイズスタイルでひきつけています。ほかにも、「広い広い宇宙の正体にせまろう」「海を渡ったサムライだましい」など、選んだ本を「推す」ために考えぬいた言葉をそえています。

 新型コロナウイルスへの対策から生まれた、本との新たな出会い方。「ピンチはチャンス」としたいい取り組みだと思います。

カテゴリー: Peratto(ぺらっと)教育

ページトップへ