2020.06.09 08:32

3密回避へ 日高村で県内初の車中泊訓練 災害避難を想定

車中泊の避難者を想定した訓練(8日午前、日高村沖名)
車中泊の避難者を想定した訓練(8日午前、日高村沖名)
 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で災害が発生した場合に備え、避難所での車中泊を想定した訓練が8日、高知県高岡郡日高村沖名の日高村社会福祉センターで開かれた。車中泊は避難所での「3密(密閉、密集、密接)」を防ぐ分散避難の一つとして注目されており、参加者は専用スペースの確保や健康管理の方法などを共有した。

 防災啓発団体「高知防災プロジェクト」(山崎水紀夫代表)が企画した。県内で車中泊に特化した訓練は初めてで、高知防災プロジェクトのメンバーや日高村社会福祉協議会のスタッフが参加したほか、市町村の防災担当者ら約30人が視察に訪れた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ