2020.06.05 08:34

市営バス2路線新設 コロナ対策 新生児に10万円 香南市議会

 高知県の香南市議会は4日、一般会計補正予算2億3600万円(累計240億6700万円)のほか、特別職の給与減額、議員発議の議員報酬減額、市営バスの路線新設の各条例改正など21議案を提出、2019年度一般会計繰越明許費繰越計算書など5件を報告した。会期は24日まで。一般質問は11、12、15日。

 主な補正は、新型コロナウイルス対策として、4月28日から来年4月1日に生まれた新生児に1人10万円を給付する市独自給付事業費2200万円、児童生徒のタブレット端末の購入費4300万円。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ