2020.06.03 08:36

高知県の自主防災組織の組織率96.8% 2923組織に

0.3ポイント増 数も25増
 高知県は2日、県内の自主防災組織の組織率(4月1日時点)が前年同期から0・3ポイント増え、96・8%となったと発表した。組織数も前年より25増えて2923組織となった。

 高知県南海トラフ地震対策課によると、10年前の2010年に64・6%だった組織率は、翌年の東日本大震災を契機に組織の立ち上げが加速。2014年に90%台に達し、年々微増する状況が続いている。

 組織率100%の市町村は前年より1減の18。9市町で組織率が上がった一方、5市町で微減となった。香南市は市全体の世帯数の増加が、組織化されている地域の増加を上回った影響で前年より0・2ポイント減の89・5%。高知県内で唯一90%を割った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会

ページトップへ