2020.06.03 08:18

高知国際版画トリエンナーレ 開幕3週先送り 10月末に

審査を待つ、国内外から送られてきた版画作品(いの町の紙の博物館)
審査を待つ、国内外から送られてきた版画作品(いの町の紙の博物館)
コロナ影響 会期12/26まで
 今年秋、高知県吾川郡いの町の紙の博物館で開く第11回「高知国際版画トリエンナーレ展」について、主催する土佐和紙国際化実行委員会(宮田速雄会長)は、新型コロナウイルスの影響で会期など実施内容を変更することを決めた。会期は当初予定(10月10日~12月6日)を3週間遅らせ、10月31日~12月26日とした。

 高知国際版画トリエンナーレ展へのコロナの影響は、4月の応募受け付け前からあった。海外の出品者から「国際郵便が出せない」「制作作業ができないので締め切りを遅らせて」といった要望が届いていた。このため事務局では、4月末だった締め切りを半月遅らせる措置を取った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ