2020.06.03 08:19

妻殺害男に懲役15年判決「執拗、残虐、同情余地なし」

 2019年11月、別居中だった妻を高知市内のホテルに誘い出して殺害したとして、殺人罪に問われた本籍高知県の住所不定、無職、男性被告(21)の裁判員裁判の判決が2日、高知地裁であり、吉井広幸裁判長は懲役15年(求刑懲役17年)を言い渡した。

【関連記事】別居中の妻を絞殺容疑 高知南署が21歳男逮捕 妻は警察にDV相談「もし夫が来たら助けてほしい」 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会事件事故高知中央

ページトップへ