2020.06.02 08:40

海洋堂ホビー館・かっぱ館が再開 四万十町 エヴァ展拡充

展示を拡充して再開した「シン・海洋堂エヴァンゲリオンフィギュア展」(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
展示を拡充して再開した「シン・海洋堂エヴァンゲリオンフィギュア展」(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
 新型コロナウイルス対策で4月11日から休館していた高岡郡四万十町打井川の「海洋堂ホビー館四万十」と「海洋堂かっぱ館」が1日、営業を再開した。ホビー館で開催中の人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の企画展は、展示数を増やして再スタートを切った。

 「シン・海洋堂エヴァンゲリオンフィギュア展」は、登場人物や兵器のフィギュア約200点のほか、映画版の場面を再現したジオラマを展示。ジオラマは今回新たに、主人公の碇シンジや綾波レイらの迫力の戦闘シーンなど5点を加え、31点を並べている。

 コロナ予防に、入館時にはマスクを着用し、入り口で手指消毒と検温を実施。ジオラマ教室は休止し、家庭で作れるキット販売に切り替えている。ホビー館は「他県との往来はまだ自粛中。この機会に訪れて、フィギュアの魅力に触れて」としている。企画展は9月28日まで。(井上太郎)


関連記事

もっと見る

ページトップへ