2020.06.01 14:35

高知空港で徐々に活気 羽田・名古屋・伊丹便が一部再開

利用者が戻ってきた高知龍馬空港。午前中に飛行機が到着するのは25日ぶり(1日午前)
利用者が戻ってきた高知龍馬空港。午前中に飛行機が到着するのは25日ぶり(1日午前)
 全日空とフジドリームエアラインズ(FDA)は1日、新型コロナウイルスの影響で運休していた高知龍馬空港の発着便を一部再開した。臨時休業していた空港内の土産物店や飲食店も一部営業を再開し、空港はにぎわいを取り戻しつつある。

 高知龍馬空港では3月末から欠航が相次ぎ、5月7日からは羽田便と伊丹便が上下で1日6便のみ運行していた。

 6月1日からはFDAの名古屋便、全日空の羽田・伊丹便合わせて12便が発着するように。16日からは夕方の伊丹便1往復も再開予定。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ