2020.06.01 08:16

コロナなかりせば… 幡多神楽(四万十町) 

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高知県内でもさまざまなイベントが中止に追い込まれ、活動の自粛を余儀なくされている。コロナ禍がなければ、にぎわっていたであろう「あんな催し」「こんな取り組み」を紹介。次回にかける関係者の思いと共に、随時紹介していく。

5月公演恒例の「鬼神の舞」。初節句の乳児を抱えて舞う(2017年5月、写真はいずれも四万十町の星神社神楽殿)
5月公演恒例の「鬼神の舞」。初節句の乳児を抱えて舞う(2017年5月、写真はいずれも四万十町の星神社神楽殿)
節句に乳児と舞う鬼神...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス社会高幡

ページトップへ