2020.05.30 08:48

高知県内求人倍率1.07倍 前月比は過去最大の下げ幅0.11ポイント減

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、高知労働局が29日発表した4月の高知県内有効求人倍率は、前月を0・11ポイント下回る1・07倍(季節調整値)となった。現行方式で調査を始めた1963年以降、下がり幅は最大で、前年同月比でも0・21ポイント下回った。同労働局は「来月以降も下がる可能性が高い。新型コロナが雇用に与える影響に十分注意する必要がある」としている。
 
 倍率の下落は、求人取り消しが増えたことが主な原因。有効求人数は前月比で3113人減の1万2923人(以下、原数値)となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ