2020.05.30 08:35

土佐くろしお鉄道 経常赤字5億円 19年度、コロナで3月に打撃

 第三セクター、土佐くろしお鉄道の2019年度決算は、経常損益が5億500万円の赤字となり、赤字幅は過去最大だった前年度を7300万円上回った。3月の新型コロナウイルス感染拡大による利用者数の大幅減が影響した。29日の取締役会で決算報告を承認した。

 乗客数は、中村・宿毛線は乗客数が6・5%減の約57万人、ごめん・なはり線は0・4%減の約119万6千人。運輸収入は合計で3・3%減の6億4700万円だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ