2020.05.29 08:45

県内で雇用調整助成金の申請続々 事業継続へ各社腐心

ハローワーク高知の雇用調整助成金の申請窓口。5月から申請が増えている(22日、高知市大津乙)
ハローワーク高知の雇用調整助成金の申請窓口。5月から申請が増えている(22日、高知市大津乙)
高知労働局「迅速支給目指す」 
 新型コロナウイルス感染拡大を受け、業績悪化した企業が従業員を休ませた場合に支給される「雇用調整助成金」の申請・支給が高知県内でも増え始めた。2018、19年度は年間を通じて10件前後だった支給決定件数は、2020年度は5月22日時点で127件に上り、さらに大幅に増加する見通し。県内事業者が雇用維持、事業継続へ腐心する状況を浮き彫りにしている。

 雇用調整助成金は、景気悪化や自然災害などで売り上げが一定割合減った企業が、従業員を休ませて雇用維持を図る場合、企業が支払った休業手当(賃金の60%以上)や賃金の一部を国が補填する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ