2020.05.28 08:37

「土の堤防」見直しを 豪雨災害頻発に危機感 技研・北村社長が新著で訴え

「土堤では命を守れない」と訴える北村精男社長(高知市布師田の技研製作所)
「土堤では命を守れない」と訴える北村精男社長(高知市布師田の技研製作所)
 河川堤防は原則、土で造るという政令「土堤(どてい)原則」の見直しを、技研製作所(高知市布師田)の北村精男社長(79)が訴えている。5月中旬には著書「国土崩壊 土堤原則の大罪」を出版。「土の堤防は弱く、決壊して毎年多くの人が亡くなる。国民全員に関わる問題であり、広く知ってほしい」と話す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済

ページトップへ