2020.05.28 08:35

宿毛湾で貝毒 高知県が注意喚起

 高知県は27日、宿毛湾で貝毒が発生したと発表した。毒を持つ貝を食べると食中毒を起こすとして、宿毛湾内での二枚貝の採取、出荷の自粛を呼び掛けている。

 検出したのはまひ性の貝毒で、原因となるプランクトンを食べた貝に一時的に蓄積する。この貝を人が食べると、顔面や手足がしびれ、最悪の場合は呼吸困難で死亡することもある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学幡多

ページトップへ