2020.05.28 08:36

高知大の南溟寮などで退寮者募る「相部屋は3密」

南溟寮の相部屋。今はコロナ対策で1室に1人が暮らすが、学生が戻ってきたら…(高知市朝倉丙)
南溟寮の相部屋。今はコロナ対策で1室に1人が暮らすが、学生が戻ってきたら…(高知市朝倉丙)
「暮らせない」 反発の声も
 新型コロナウイルスが高知大学伝統の学生自治寮「南溟寮」などに影を落としている。大学側は寮生が暮らす相部屋が「3密」に当たるとして、女子寮も含め1人1部屋とするため、退寮希望者を募集。協力した寮生には8万円を給付するというが、「生活が苦しいから寮を選んだ。それでは暮らせない」「退寮は納得できない」などと反発も出ている。

 男子専用の南溟寮は旧制高知高校の自治寮の伝統を継ぎ、1973年に朝倉キャンパス近くに移転した。8畳2人1部屋で約130人が入寮している。朝倉キャンパス近くには、いずれも女子専用で6畳2人1部屋の「かつら寮」(寮生約55人)と、個室約80室の「ときわ寮」もある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ