2020.05.27 08:38

高知県は週14人感染で休業要請 コロナ再発時の目安示す

 高知県は26日開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、新規感染者が県内で再び確認された場合の対応方針(目安)を決めた。直近7日間の新規感染者を主な判断指標に4段階の対応を設定。感染者が14人以上となった場合は、休業・営業時間短縮の要請や、昼夜を問わない不要不急の外出自粛の要請を検討、実施する。

 対応方針では、7日間の新規感染者14人以上の場合を「特別警戒ステージ」と規定。休業要請などのほか、会食も家族に限定し、イベントは規模を問わず開催・参加の自粛を求める。県立施設は休館する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ