2020.05.25 08:15

コロナなかりせば… ごめんな祭(南国市)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高知県内でもさまざまなイベントが中止に追い込まれ、活動の自粛を余儀なくされている。コロナ禍がなければ、にぎわっていたであろう「あんな催し」「こんな取り組み」を紹介。次回にかける関係者の思いと共に、随時紹介していく。

南国市の中心で「ごめん」を吐露する叫ビストたち (2019年5月12日、南国市の吾岡山文化の森)
南国市の中心で「ごめん」を吐露する叫ビストたち (2019年5月12日、南国市の吾岡山文化の森)
後免を謝罪の聖地に
 南国市の中心で「ごめんなさい」を叫ぶ「ごめんな祭(さい)」は、国内最大の公開謝罪イベントだ。南国市の後免町にちなみ、若者たちが提案。2013年に始まって以来、国内外の「叫ビスト」が足を運ぶ聖地となっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス香長社会

ページトップへ